プレイコミュニケーションあそびの実態調査報告
2020.05.22あそびの研究

あそびの環境は、時代とともに変化している。現代の子どもたちは、テレビゲームやスマートフォンで遊ぶことが増え、戸外で遊ぶことが減り、体力を十分につける事ができなくなっているといわれている。また、環境面でも都市化が進み、昭和時代は、自然の起状の中で運動能力を育むことができていたが、現状では、そうしたあそび環境が整っているとは言えない。  
このような現代の状況を踏まえて誕生したのが「PLAY COMMUNICATION(以下PC)」である。PCは、子どもたちの体力や運動能力はもちろん、広い踊り場と多様な新機能パーツで、子ども同士の関わり合いをつくりながら、子どもたちの成長に必要な5つの要素がバランスよく育まれるように、設計・デザインされたアルミ製の総合遊具である。  
今回、わたしたちは、東京都小平市の丸山幼稚園、早稲田大学 前橋 明研究室の宮本 雄司先生のご協力のもと、実際にPCが子どもたちに与える効果を実証するため、1年間の調査を行った。
 
IMG-7252 (1)

PLAY COMMUNICATION PC03

 
 

調査内容

 

<目的>


今回の調査では、おもに次の2点を検証目的とした。
 
1 同時間帯でPCのみで遊んだ場合と、PC以外で遊んだ場合(ともに30分間)の子どもたちの歩数(動き)の変化
2 PCで遊び続けることにより、得られる子どもたちの運動スキル
 

<調査方法>


今回の調査対象は年長児(5歳児)の28名であった。調査期間は4月、6月、1月であり、 各月2日間、午前中の同時刻(10:30-11:00)で測定を行った。
 

<測定方法>


1日目の測定→30分間PCのみで遊ぶ
2日目の測定→30分間PC以外で遊ぶ
 
[スズケン製ライフコーダGS4秒版]を腰に付けて測定
測定後、歩数データを集計し、平均歩数を算出
 

<検証方法>


①PCのみのあそびとPC以外の外あそびについて、幼児の歩数データと幼児の動きの種類(4つの運動スキル)を比較
 
②PCあそびのバリエーションとして、自由に遊ぶ場合と、ルート設定したサーキットあそびについて、幼児の歩数データと幼児の動きの種類(4つの運動スキル)を比較
 
調査写真
 
 

調査・検証結果


<4月の調査結果>


次の図1は、4月に調査したPCのみのあそびとPC以外の外あそびを1分毎の平均歩数で比較したものである。
 
図1 幼稚園幼児の毎分平均歩数の推移(4月測定)
 
PCあそびの運動量(歩数)について、図1をみると、PCあそびは、30分間を通して、平均60歩/分の歩数を確保でき、継続的に動き続けていた。一方、外あそびは平均40歩/分未満が半数であった。この日の外あそびは、自分が好きなあそびのみを行うため、30分間砂場のみで遊び、ほとんど動かない子や、うんていだけをやり続ける子もおり、時間や個人ごとにあそび内容や歩数に偏りがでる結果となった。
 
調査写真(4月)
 

<6月の調査結果>


次に6月の歩数測定結果をみると、6月のPC以外の外あそびは、運動会が近かったため、全員リレーの練習をしており、次のような結果が出た。
 
図2 幼稚園幼児の毎分の平均歩数の推移(6月測定)
 
図2の結果をみると、リレーは走る運動なので、歩数が多くなりそうだが、実際には、園庭を一周したらバトンタッチで交代して、走っている時間以外は待ち時間となり、30分間動き続けることはできていなかった。30分間の平均歩数は、PCの約60歩/分に対し、リレーの外あそびは、約40歩/分であった。
今回の調査結果から、PCあそびは、30分間継続して動き続けることができ、「ドキドキ」や「ハァハァ」しながら汗をかくくらいの運動ができ、心拍機能が高まることや自律神経の働きを高めることが期待できると推察した。
 
調査写真(6月)
 

<検証結果>


6月の調査では、もうひとつ気づいたことがある。園庭の状況だ。今回調査にご協力いただいた丸山幼稚園は、都内でも広い園庭(1000㎡超)を持つ幼稚園である。今回のリレーのように、子どもたちが思いきり園庭を走り回れる環境なので、保育者の言葉かけなどがあれば、十分に動き続けることができる。また、広い園庭であれば、多種多様な遊具を導入することが可能であり、走り続けるだけでは得られない運動スキルを身につけることができる。それぞれの外遊びで得られる運動スキルは、以下のとおりである。
 
表1 外あそびで得られる運動スキル
 
これらの外あそびは、それぞれ得られる運動スキルが異なる。バランスよく様々な外あそびを取り入れることが必要だ。しかし、園庭が狭い園では、どうしても動き続けることが難しく、遊具も設置できる大きさ等で限定されてしまう。上記のような運動スキルをバランスよく身につけること自体が難しい。
ではPCを園庭に設置する場合、どのくらいの広さが必要なのだろうか。検証すると、バスケットコートの半分ほどの広さ(12m×15m ※安全領域を含む)があれば設置できることが分かった。
 
バスケコート図面
 
また、園庭ですでに設置されている遊具を置き換える場合は、2人乗りブランコと滑り台の設置スペースより少し広い広さがあれば設置することが出来る。
 
ブランコ・滑り台図面
 
歩数の比較でも分かるように、PCで十分な動きは確保できる。さらに、ビデオ検証により、上下の運動が多い遊具なので、走りまわる外あそびだけではなかなか得られない運動スキルが自然に身につくことも分かった。
宮本先生によると、PCあそびは、高いところに登った達成感や爽快感から情緒の開放を図ることができ、4つの運動スキル(移動系、平衡系、操作系、非移動系)をバランスよく経験でき、園庭を走り回るあそびと同等以上の歩数も確保できることがメリットであると述べている。既存のブランコと滑り台だけでは味わえない経験ができることは、幼児の健全育成を考えるうえでも重要な視点であると指摘している。
 
表2 PCあそびで得られる運動スキル
 

<PCサーキットあそびの検証>


PCには様々なパーツがあり、パーツごとに得られる運動スキルが違う。また、外あそびと同じように、同じパーツだけで遊べば、動きも運動スキルもバランスよく得られることができない。私たちは、この運動スキル表をもとに、PCあそびは動き続けることができ、バランスよく運動スキルを身につけるためのルートを考え、1月の調査時に、考案ルートでのPCあそびを実践した。考案ルートと結果は、次のとおりである。
 
表3 考案ルート(PCサーキットあそび)

<PCサーキットあそびの結果>


  図3 幼稚園幼児の毎分平均歩数の推移(1月測定)
 
前半の15分間はPCで自由あそびを行い、後半の15分はPCでサーキットあそびを行った。歩数だけの結果をみると、自由あそびのほうが平均歩数は多かった。これは、サーキットあそびは、ルートが指定されているため、順番どおりに遊ばなければならない。苦手なパーツでは時間がかかる子もいるため、順番待ちで待ち時間ができてしまい、結果として、歩数が少なくなってしまったことが原因の1つではないかと考えた。しかし、運動スキルに注目すると、サーキットあそびは、全ての運動スキルをバランスよく経験することができる。また、保育者からの視点では、「運動能力テスト」の形式ではなく、自然な「サーキットあそび」の形式の中で、子どもたち一人ひとりの運動能力を把握することができたことは、新たな発見であった。
PCのサーキットあそびは、子どもたちの動きが止まらないようなルート設定や保育者の言葉かけ等に配慮できれば、成長に必要なスキルが身につく「最高のあそび」と言えそうだ。
 
PC最後
 

<まとめ>


今回の調査で、測定結果だけではなく、遊んでいる様子を何度も見ることによって、子どもたちの成長のためには、外あそびで動き続けること、遊具あそびで運動スキルを身につけることが重要であり、PCはそれらを自然に育むことができる固定遊具であることが明らかとなった。
とはいえ、子どもたちの運動能力や運動スキルは、外あそびの調査だけでは分からないこともある。今後は食事や排便、睡眠などの生活習慣の実態とも照らし合わせて、調査を続けていきたい。
 
 
 

・「PLAY COMMUNICATION」 については → こちら


 

・調査協力:

学校法人丸山学園 認定こども園 まるやまこども園 丸山幼稚園 様
早稲田大学 人間科学学術院 招聘研究員(前橋 明 研究室) 宮本 雄司 先生
 
 
 
 
 

LATEST ENTRIES

PAGE TOP